おちんちんbelong

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


就職活動を始める前にメガテンマニアクス始めたおで

自分はアトラスのRPG全然やった事がなくて、それはなんかややこしくてムズそう、と思ってたからなんですが、やってみたらバリ面白かった。うんうん。社会には怖いおじさんとかがたくさんいるので出たくないです。

全然関係ないけど、最近僕のパソコンが絶望的に重くて2秒に1回舌打ちをしながらネットをやる生活が続いていました。そんで僕はインターネットエクスプローラー、世に言うアイイーというブラウザをずっと使っていて、理由はいっぺんそれで慣れちゃったから他のに変えると勝手が違っておしっこが漏れそうになる、というだけだったんですが、どうも世間で「ブラウザはアイイーです」と公言すると「アイイー(笑)」みたいになって激烈な罵倒や中傷の対象にされるという事を最近知りました。

そんな折、藤原先生のブログに「グーグルクロームバリ早やで」といった事が書いてあって、僕もこれを機会にかっこいいブラウザを入れて世の中に認めてもらおうと思って本日導入してみたところマジで早かったのでおしっこが漏れました。

どれくらい早くなったかと言うと、最初の方のヤムチャと最後の方の悟空の動きくらいの差が出ました。アイイーが1ページ読み込む間にグーグルクローム先生は地球を100周くらい出来る。グーグルクローム先生のスピードは普通の人間では肉眼で捉えられないくらい速いです。私男だけどグーグルクローム先生になら抱かれてもいい。

自分は2ちゃんの専ブラとかも最近まで「入れるのめんどくさい」などと嘯いて入れてなかったんですが、入れたらやっぱりめちゃくちゃ便利だったのでやっぱりこれからはめんどくさがらずに何でもかんでも入れるようにしようと思いました。もっとも、ちんちんは決まった人にしか入れませんけどね☆(まさかのゲス落ち)

スポンサーサイト


M-1の順位予想毎年かすりもしない

批評家というものは、文学や芸術の面で失敗した連中である。
ベンジャミン・ディスレーリ 「語録」


今年もM-1観たので感想書いときます。全体的に今年はあんまりパッとしない印象。以下僕の糞駄文による壮絶なオナニーが始まるので興味無い人は大至急イモでも煮てください。

ゲイツの養子に就職希望

卒論おわりました。なんだか随分と皆さん心配したコメントを寄せてくださって、僕が間違えて「自殺します」みたいな日記を書いたのかと思いました。一昨日の夜に渋々書き始めたら意外と3時間くらいで終わりました。要は僕の怠惰よ。

あとは今日か明日に印刷して提出するだけなので、その前にパソコンが爆発したり突然48時間ぶっ続けで眠りたくなったりしなければ大丈夫です。ありがとう。

昨日、出席のヤバイ英語も先生に焼き土下座したら何とかなったし、大分気が楽になりました。あとは出席のヤバイもう一つの英語と出席のヤバイ三つの専門科目がなんとかなれば卒業出来そうです。もう卒業決定と言っても過言ではないですよね。やったー!


ほとんど家から出ない



なんか僕と似た様な境遇の人見つけた。

僕もあと2日くらいで卒論提出なんですが、あとちょっとのところで全然筆が進まなくなりました。「やらなきゃ」と思うほどに増えていくニコニコ動画の視聴履歴。いわゆるテスト前に大掃除病ですね。この1~2週間で色んな人の実況100本くらい観ました。そんで夜更かしした生活になったら微妙に出なきゃヤバイ授業寝過ごしたりして完全な悪循環になってマジで卒業やばいんじゃないかと布団の中でぶるぶる震える毎日を過ごしています。

そんでこの動画の人みたいに無駄に自炊したくなって貴重な時間をそんな事に使ってます。今日は余ってた野菜を使ってツナじゃがなるものをこしらえてみました。肉じゃがの肉を買う金が無いからツナにしただけなんですが、そこににんにくをたくさんブチこむというレシピを見たのでやってみたらおいしかった。にんにくうまいよね。今度にんにくしょう油もこしらえてみよう。


卒業したいです。


ニコニコキャッシング

為替介入も視野に=急激な円高を懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081212-00000108-jij-pol

財務省は12日、外国為替市場で一時1ドル=88円台まで円高・ドル安が進行した事態を受け、円売り・ドル買い介入も視野に対応策の検討に入った。さらに円高が進めば輸出企業の業績悪化などで日本経済に大きな打撃になりかねないと懸念を強めているためだ。実際に為替介入に踏み切れば、2004年3月以来、4年9カ月ぶりとなる。



僕は政治経済国家社会の類の事は自分の力でどうにかなるもんじゃないしえらい人に任せればいいや、イモでも煮てよう、という考えでもって生きていて、大人のえらい人などからよくお叱りを受けるのですが、最近アレなどの関係で円高というかドル相場に極めて微少ながら興味を持ちましてヤフーを見てたら「なんかしんないけどすげー大変なんだな」と思ってイモを煮ました。

僕は難しい事よくわからんのでその辺詳しい人がいたら是非教えていただきたいんですが、どうやら記事には「結構やばい」という様な主旨の事が書いてあって僕は「世界の経済の事とかはどうでもいいけど100ドルが9000円にしかならないのは悲しいから今月中に何とかして欲しいな」と思いました。何故なら世界というのは独善的な自己だから。

まあそうした不況だなんだという環境において就職はおろか卒業も危ぶまれる自分の現状というのに一抹の不安を覚えるのは僕だってただの社会の一員であるという事で、そういう事から目を背けがちな僕もいよいよ多少ちゃんとせないかんなと思い始めたという事は特になくただただ「めんどくせー」と思うばかりで死にたい。

あと、全然話は変わるけど今月号のクイックジャパンにまた記事を書かせてもらいました。先日の羅刹ラジオについて書いたんですが、ちょっと編集の際の手違いで最初の部分が切れちゃってたみたいです。しょうこ♂さんの「抱かれたい実況者は全部で30人以上」って発言を最初にお借りしたんですが、誌面ではその次の行から載ってるのでまあここで訂正してもアレなんですが一応お伝えしておきます。よろしければご覧ください。


テスト配信

おはようございます。ちょっとテスト配信してます。
http://www.ustream.tv/channel/tarochin

おわた。こんな謎の時間に付き合ってくれた皆さんありがとうございました。


ゆめにっき



しんすけ大先生の実況で僕はゆめにっきというゲームに出会い、随分ハマってしまいました。不条理系の世界観と「ボワーン」みたいな音楽が一人暮らしの夜には妙に心地よくて、最初は怖かったけど慣れてからは寝る前にゆめにっきのプレイ動画ばっかり観てました。ゆめにっきに関する記事とかも少し読みました。自分でプレイしてないのに多分ほぼ全部のイベントとか知ってる。

でもこういう不条理とか雰囲気系の前衛的な表現に真剣な顔で「このシーンは人間のこうした心理を表現していて・・・」とか言ってる人はちょっと怖い。ゴダールの映画とかを観た時にも思ったけど、こういうものって一つ一つの場面や表現を感覚的に楽しむもので、変に理屈や解釈をつけて妄信するもんじゃないと僕は思う。僕はね。

そういう意味でしんすけ大先生の動画は、客観的な視点での実況や編集も入っていてとてもよかった。特にラスト付近の物語が収束していく中で明るく茶化してくれる感じなどはなんか励まされているような感じすらあって、最後は単純に「ああ、いいな」と思ったのでありました。ゆめにっきはなんか「キモ和む」って感じがする。「明るいゆめにっき」でタグ検索すると秀逸なMADが山の様にあってそれもおすすめです。


あとブログをちょこちょこいじって、だらしなく表示されていたバナーや広告をピシッとさせました。皆で僕の努力を誉めよう。助言くださった方ありがとうございました。記事下に並べた広告はなんか僕の環境だとたまにズレるんですが、問題ありそうだったらまたマイナーチェンジしていくか諦めるかします。


泥酔こそが実況だよ



人の常識や理性は煩悩の類を嫌う傾向にありますが、人の本質は煩悩の中にこそあると僕は思っていて、そうしたえげつない衝動性に触れたとき比類なき共感とリアリズムを感じる僕は衝動的にこの動画を紹介したいなと思います。

2ちゃん某所で紹介されてた動画なんですが、画質や音量バランスにもうそのやけくそっぷりが溢れていてものすごい人間の熱を感じて思わず酒を飲みながら全部観てしまいました。あんまり他の人の実況とか紹介するとダメっていう謎のルールもあるのかもしれないですが、この方の熱気にあてられたので文章書かせてください。内容は失恋した人が酒飲みながらやけくそで喋るという単純明快なものです。

僕も酒飲みながら実況やりたいと思ったのはこういう事がしたかったからに他ならなくて、しかしながら半端にゲームを進めようとか関係ない話はやめようとか気にする心も捨てきれなくて、ミノルさんの脳みそ縛りを観た時、「ああ、僕がやりたかったのはこれであり、そして出来ないんだな」としょぼくれた気持ちになったものですが、この動画を観て「どうしてそこで諦めるんだそこで」という前向きな気持ちになれました。

是非ともこの方にはゲームや視聴者に媚びず、失恋の傷が癒えるまでこの捨て鉢なテンションのまま狂騒し続けてもらいたいと切に思います。僕もそういえばゲーム実況をやろうと決心したきっかけは、留年してサークル引退して友達や後輩と飲む機会が減ったせいで酒飲みながらくだを巻く捌け口が欲しかったからだったと思い出しました。あとは誰かにコメントで面白いとか言われたらめちゃくちゃちんこ勃つだろうなあ、という純然たる煩悩。そうした初期衝動を忘れずにこれからも実況やっていきたいなと思いました。一言で言うともう卒論ぶん投げて酒飲みたい。飾らずに自分の素直な気持ちをさらけ出せる勇気と力強さと美しさをこの動画から教えてもらいました。

勝手な共感と感傷を抱いて無断で紹介してしまってすいませんでした。応援しています。


写真で一言とレス

たかはら

「お風呂わいたわよー」

カップルでアップルさんを観に行くひとたち



椎名林檎さんの名曲すべりだいに乗せて僕の寵愛するパンダさんの和やかな動画を流すという実に素晴らしい動画を今回ご紹介したいのは本日椎名林檎さんの演奏会「生林檎博’08」に出向いて来たからであります。

生で林檎さんを拝見するのは初めてだったのだけれど、歌もパフォーマンスも大変いい演奏会でした。彼女がチケットを取ってくれたので僕はよく解ってなくて東京事変のライブだと思ってたんだけど、そうではなく林檎さんのデビウ10周年を祝そうよ、皆で、という主旨の演奏会でして、斉藤ネコさんや林檎さんの兄ちゃんなどは参加なさっていたけど事変は特に出ませんでした。亀田師匠はずっとベース弾いてたけど。僕は事変のハタさんのドラムがバリ好きなのでそれも観たかったですが、林檎さんは包丁でリンゴを叩き切りながらお歌を歌ったりしていて楽しかったので全然良かった。やっぱりビールとライブは生に限るなと思いました。

生と言えば昨晩藤原君にお世話をしてもらって生配信のやり方を少し覚えました。その節はありがとうございマス寿司。ustreamっていう米英が主催する系のインターネットで僕の生配信を生で配信する系のチャンネルの開設を達成出来た様な感じですのでいずれ何かやってみたいです。その時はブログで告知して急にやったりするかもしれません。事前告知というものは僕の人生の一寸先が闇過ぎて極めて困難だと予想されますが、僕如きクズが別にそんな内容のあるものをやれる訳が無いのでそれでよしとします。お暇でしたらお付き合いください。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。