おちんちんbelong

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ガンジー気取り

終業後のバイト先からブログを書く試み。

なんか一部地域でプロ実況だなんだでわあわあゆうとるので、僕の思ったことをちょっと書きます。「なにそれ?」って人のために僕の理解の範疇で説明をすると、プロ実況者のえどふみさんが「Bチームは許可とかちゃんとしてないのに動画上げたりしてよくないのでは」という話をしたらしく、それを受けた飯田さんが妙に食いついてネット上キャンプファイアーが巻き起こるんだが起こらないんだかみたいな感じになってる風的な系のアレらしい。

僕はよくわからんのですが、とりあえず怒るとか戦争とかする気はないです。「黒いのでいけないと思います」というご指摘はそのとおりだと思うし、本格的に怒られたらごめんなさいするしかない部分だと思う。そこをクリアにしようと頑張ってるえどふみさん達を否定する気もないです。頑張っていただきたい。ただ僕個人としては、実況とかニコニコの面白さって黒くて公的にはなかなかやれない、でも確かに皆が親しんでいる面白さっていうとこにあると思うので、ガチで怒られない限りはそういう風にやっていきたいかなと思います。あと、詳しくは知らないけどえどさんとふみいちさんの間でも若干意思疎通されてない発言だったりしたっぽい風なので、あんまりやいのやいの言わないほうがいいのではと思います。僕は。僕の場合は。

飯田さんは普段から真面目に言ってんのか不真面目に言ってるのかわかんない部分あるので、今回もどこまで本気なのかわかんないですが、えどふみさん云々以上になんかゲーム業界とかそういう事について訴えたいことがあるんではないかと思います。痛いとか大人げないとか思われるのわかってるけど、言いたいことがあるならちゃんと言わなきゃ駄目だ、みたいに思ったんじゃないかなあ。これは僕の死ぬほど勝手な予想ですので実際どうかしらんです。無責任ですいませんけど思ったので書いた。今度ちゃんと聞きます。

なんか意見をぶつからせたり怒ったり戦争したり色々皆さんしたいことはあると思うんですが、僕は皆仲良く酒飲んでればそれでいいと思います。個人的にはそんなキャンプファイアーになるほどの思いはないです。あとこの文章全部個人的に思ったことなので変な風に引用しないでいただけると幸甚です。ぼくからいじょう。じゃお酒飲みに行ってきます。ピース。

スポンサーサイト


この世が地獄なら俺が自分で天国を作るぜ系

僕が大学のときに所属していた音楽サークルの全国大会的な催しがありまして、先日行ってこましてきました。僕も現役のとき地獄みたいな練習を毎年続けて、「ふざけんなよ! もう音楽なんてどうでもいいよばかやろう!」と酒を飲んで暴れながらも最後は納得のいく舞台になって打ち上げで飲んで暴れたいい思い出があるのですが、後輩たちがそれを上回る内容と結果を出してくれたので超よかったなと思いました。やっぱり学生の本分は青春だなと思った。

その後は新宿で同期の仲間たちとお酒を飲み飲みしたのだけれど、新宿の呼び込みの兄ちゃんとかが安い安いのたまってる飲み屋は総じてクズだという最終決断が僕の中で下されました。ジュクのああいう飲み屋はうるさかったり席がせまかったり味がイマイチだったり結局高かったりとにかくよかった試しがない。新宿ならケチらずちゃんとした値段のとこに入るか、土間土間に行ったほうがいいです。呼び込みの兄ちゃんは全員悪魔だと思ったほうがいい。あと実家に帰って都心から遠くなったら飲んだ後の電車で寝過ごす確率が飛躍的に上がったので誰か皆さんの中にいらない家持ってる人がいたらください。4LDKくらいでいいです。

あと、なんかコメントにいやらしい言葉とかを書くとフィルターがかかる設定をFC2が勝手にしてたみたいですが、解除したのでどうぞお好きな性器の名称をお書き込みください。優しくて涙が出るだろう?


以下告知。
先週こっそり「週刊ビジスタニュース」というメルマガに文章書かせてもらっていました。今日web版がアップされたそうなので紹介しておきます。こういう機会をいただけるのは本当にありがたいです。色々好き勝手書いてるように見えるかもしれませんが、実はものすごい気を遣って書いてるのでもっと豪胆に書けるようになりたいです。
http://www.sbcr.jp/bisista/mail/art.asp?newsid=3378


神に選ばれてない人の特別でないまいにち

生きているだけで最高なんやで、みたいな事を路上で詩を書くなどしている人はおっしゃいますが、実感としては生きているだけで最低なこともたくさんありますよね。むしろそれしかないくらいの。そういう現実から目を背けて「サイコー」と言ってれば確かにキモチ的にはサイコー的かもしれないけど、若干サイコ的でもありますよね。僕はなるべく客観的に生きていきたい、と絶対的な主観でもって思っています。

導入を間違えた感がありますが、この前「ブラスト!」を観に行ってきました。超サイコーでした。でも金はべらぼうにかかったし、一緒に行った友達がその後次々とインフルでぶっ倒れるなどして、サイコーは常に同等かそれ以上のサイテーと引き換えに得られるものなのだなと思いました。根拠はないです。

昨日、久しぶりに髪をちょん切りました。もう長いこと「ちょん切りたいなあ」と思いつつ、予約したり美容師さんと曖昧なトークをしたり細かい毛が口に入ったりするのが超絶めんどくせえなあと思って後手後手になってたんですが、やっとちょん切ることが出来て嬉しかった。ちょん切り担当のおねえさんに「モラトリアム」って言葉を使ったら「どういう意味? わはは」と明るく言われて、笑顔が素敵だなと思った。こざかしいことを言ってキリッとしているのは素敵じゃない。そういう書き手はたくさんいるし、僕はこういうおねえさんに届く文章を書いていきたいと思う。勉強しないってことではない。ケータイ小説を書くのでもない。あと、前にルーツがなんかの実況で「美容師の人のワックスちゃっちゃで髪をうまいことやるのが化け物みたいに上手い」と言ってたけど、僕もほんとそう思う。おねえさんは「文章とか書けない」って言ってたけど、僕はあんなに上手に髪をちゃっちゃって出来ない。皆立派なのだ。生きているだけで最高なのである。


ディシプリンのどうのこうの

くそたろです。
先日ご案内したB-TEAMと飯田さんのディシプリン実況なんですが、なんやかんやあってニコニコ動画からは消すことになった模様。大人たちが色々大人の事情でごにょごにょやっていますが、そこら辺の細かいことは僕にもようわかりません。なぜなら僕はまだ大人になってないから。俺のモラトリアムは108歳まで続くぜ。色々ニコニコ運営とかを巻き込んで盛り上がってるようなので、詳しいことは以下の記事などを見ればいいと思うよ。

実況? 宣伝? 「ディシプリン」実況プレイ動画が、「ニコニコ動画」から「zoome」へと“お引っ越し”したワケ
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0908/19/news091.html
宣伝目的の動画利用について
http://blog.nicovideo.jp/niconews/2009/08/004137.html

ニコニコから「あげちゃダメ! あ、やっぱいいよ」みたいな事も言われてるっぽいですが、よくわからんのでとりあえずzoomeのほうでディシプリンは上げていこうかみたいな空気を感じています。zoomeって動画サイトを僕は利用したことなかったんですが、コメント(zoomeではテロップと言うのか?)のつけ方が多彩でコメント職人の人なんかはかなり楽しめるんじゃないかなと思いました。好きな場所にフキダシが出せるからニコニコとは違ったコメントのつけ方が出来ると思います。まだ少ないですがちょっとずつコメントつけてくれる人も出てきているので、皆さんもよかったら是非コメント書いてください。

仕組みがまだ僕もよくわかってないんですが、このサークルトップ(http://circle.zoome.jp/dis)ってとこから動画に飛ぶとコメント書けるっぽいです。他のとこからいくとコメントが書けなかったり見れなかったりした。詳しい人教えてくらさい。


ゲームやったった

お盆休みで色々ふざけたりしてて告知が遅くなってしまいましたが、汎用人型決戦実況人造人間野郎B-TEAMのみんなで実況をやった動画のやつが上がりました。



ゲームを作った飯田和敏さんと一緒にやってます。動画を観たマーベラスの人曰く、「年上の先輩が後輩の家にエロ本持ってきてすげえだろって言ってる感じ」との事でしたがそんな感じだと思います。公式サイトでおねえちゃんが「このゲームつまんなーい」とか延々言ってる映像を上げるなど、本当に売る気があるのか、やけくそになっているのではないか、との疑問も絶えないところですが、気さくなお方で僕たちとしては楽しくやらせてもらいました。あと明らかに皆でわいわいやるよりは、一人で夜中に精神が高揚する薬品などをキメながらやるゲームだなと思いました。よかったら見てください。


たいこかったった

たいこ
21世紀の若者はこらえ性がなく、補欠になったら部を辞め、上司に怒られれば殴り、挿入したら30秒で達してしまうなどまことに我慢の出来ないものですが、僕などもその典型でパソコンやドラムが欲しいと思ったらすぐに買ってしまうのです。もちろんローンです。もちローン。僕の崇拝する漫画ドラえもんでローンの話があって、のび太のおじさんかなんかが最終的にローンで首が回らなくなってパパに泣きつくというギャグにもなんにもなってない教訓的なオチがありましたが、僕はそこから何にも学ばなかったというか、むしろローンで車やらなんやらを買いまくって享楽にふけっているおじさんの姿に大変魅力を感じた結果こんなんになりました。いまをいきる。全力で。

先日Bチームの特集で僕がチラついてる写真を載せたら「デブでダサくてモサいね」というありがたい誹謗中傷を各所からいただきまして、僕の怒りが有頂天になると同時に「がんばろう」という決意を新たにすることができ、お洋服やさんなどに足を運びましたところサマーのグランドなセールをやっていて、「ほう」と思って数点のお洋服を購入しました。今までそんなかっこいいのは恥ずかしく着れないよ、と思っていたベストなる衣類も購入してみて、「ズボンのことをパンツと言ったりベストのことをジレと言ったりお洒落業界はかったるいなあ」などと中二的に思考をしていたら、本日バイト先の若いおねえさんに「チョッキが似合うね」と言っていただき、一日「チョッキ」という単語の事を考えてほっこり過ごしました。僕は今後一生「チョッキ」という言葉を忘れないことをここに誓おう。

そんな訳で実況野郎B-TEAMの8月版が更新されています。加藤きゅんはほんとにきちがいみたいにプリキュアが好きなんだなあと改めて感じました。誉めてます。あとネタボケのレビンさんのコメントが地味に毎回上手くていいなあと思います。今月のビーチームは連載以外にもちょこちょことした動きがある予定ですのでそちらの方もよければ見てやってください。詳細は追ってアナウンスさせていただきます。
http://webmagazine.gentosha.co.jp/B-TEAM/index.html

あとルーツのアニメいかや同人誌などのスッポンマムシドリンクを飲んでるんじゃないかと思うばかりの精力的な活動を見ていたら、僕もムラムラしてきて本つくりたくなりました。今日自費出版のことをちょろっと調べたらとんでもないカネがかかることが判明して放屁が止まらなくなりましたが、ほのぼのレイクと相談するなどしてちょっと頑張ってみたいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。