おちんちんbelong

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地球さんの超高速ぐるぐるぶりと浅野いにおと僕

バリさしぶりです。僕です。
悠久の時を経て再びブログを書いてみます。

今日、吉田豪が色んな漫画家にインタビューをかます「人間コク宝まんが道」という本をお借りしたので、とりあえず浅野いにおのとこを読んでみました。浅野いにおというと「おやすみプンプン」を筆頭に、シュールとあざとさを兼ね備えた作風でサブカルのお神輿に乗せられまくっている若手漫画家ってイメージが強いですね。
面白いのはいにお本人はものすごく自覚的かつ戦略的に「サブカルぶっている」という部分。そんで自分でもファッションサブカルであることを葛藤しつつ、サブカルをこじらせてブヒブヒしている人種に対しても一定の距離をとっています。大変人間をこじらせていてよろしい。
個人的にサブカルというのは負け組救済のための文化なのだと思っています。詳細な説明は省きますが、たとえば「皆が知らないこの漫画を好きなセンスを持っているから僕はここにいてもいいんだ」というような機能。だけど、本当は勝ち組になりたいのです。そういう本音から目を背けてサブカルに走る人が多いから、サブカルは救済でありまた宗教的でもあるのですが、浅野いにおはその辺をものすごく自覚してやってるので、サブカルの頂点に君臨しながらいまだコンプレックスの多い作品を排出し続けており、結果サブカルの王なわけです。そういうとこが好きです。

唐突に話を変えますが、最近の僕は驚いたことにちょっと仕事をしています。自分でも信じられません。
何をやっているかというと主に大衆に迎合した文章をこしらえたり、大人にデコピンをされたりするといった末端の歯車稼業ですが、それなりにいっしょけんめいやってます。近しい人には「お前変わったな」などと揶揄されることもありますが、週5で心が折れているので本質は一生変わらないんだなと思って絶望しています。
産声が「働きたくない」だったと言われる僕ですが、やっぱりできるなら働かないほうが人間は健全でいられるなと思いました。義務感に追われる日々が続くと人心が荒み、ギャグのキレも悪くなり、人に以前ほど優しくできなくなります。唯一よかったのはお母さんにお金を借りなくても飲みに行けることですが、金を借りてやけくそでオールで飲んでた時のほうがギャグも冴えてたし、人にも優しかったし、人間としてはファニーだったと思います。どっちがいいのかはわかりません。多分ちょうどよくやればいいんだと思います。

つってもちょうどよくやれないから世界は愛と憎しみでぐじゃぐじゃになっているわけで、やっぱり生きてる意味なんてねえなあ、と途方に暮れますが、とりあえずまだ飲みたい酒や友達がいるので今日も生きてます。
意地汚い承認欲求も相変わらず消えないので、同人誌を作ったり最近はゲーム実況をまたやったりしてます。
よかったら今後ともよろしくどうぞ。
http://alice-books.com/item/show/122-4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19122568

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。