おちんちんbelong

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴミと老化と後悔と夕闇通り探検隊

一時期小康を保っていたわたしの太りがここ最近再び猛威を奮い出している。

ご存知の方もあるかもしれないがわたしのフェイスは某菓子パンのヒーローを彷彿とさせる丸みある形状をしており、そのせいで特にインターネット上においては実際以上に太っているとされている。しかしそれは正確とは言えない。運動をしていた頃は脱いだらいい意味でまあまあすごいの異名を自称していた程度には僕は引き締まった体をしていたしデブり始めた頃も僅かながらその面影は残していた。だが近日のわたしのデブりはついにその殻を悪い意味でぶち破った。破ってしまった。

ここ最近わたしの胸中に去来し渦巻くえも言われぬ悲しみ、閉塞感。あと眠みを主因とする酒量の減少。これらへのカウンターとしてメシをモリモリ食っていたのがデブりの原因であることは容易に想像出来る。腹回りを筆頭にわたしのバディは急速に膨張し、高度経済成長期のわが国を彷彿とさせるような急成長を遂げた。機能を停止し無意味に地球を周回する人工衛星のことを宇宙ゴミ、スペースデブリという。この事実は、わたしが社会においてゴミ同然の存在になればなるほどデブりが加速していったことと無関係とは言えないだろう。



夕闇通り探検隊というゲームをご存知だろうか。

先日たろかの大先生によって我が海馬にもたらされた知識なのだが、PSのサイコ・ホラー・アドベンチャーゲームで現在はプレミアがついて値段が高騰している。とんでもなく怖いため発禁になったか、と思いきやそうではない。圧倒的にグラフィックやシナリオ、人物描写に優れているのである。

ホラーといってもドキドキ……ドーン!ギャー!系のびっくりホラーではなく、気が付けばそこにいてゾワリとするような粘度の高いホラーである。ただ特筆したいのはそこではなく、中学校や街を舞台とした日常シーンだ。主人公から脇役に至るまでわかりやすいキャラクタを配役されつつも、彼らは中学生らしい幼稚さや無知、背伸びをしてはそんな自分を恥じたりする人間味を随所に発揮する。細部まで丁寧に描かれたそれらの僅かなニュアンスが物語に奥行きを生んでいる。基本的には街に流れる怪奇現象の噂を調査し解決していくというストーリーなのだが、「解決してなくね?」という結末も多く、そうした良くも悪くもない曖昧な後味がゲームという壁を突き破って現実の自分へと生々しく迫ってくるのだ。

主人公は中学2年生の3人組。幼い頃から霊感を持ちそれ故に奇抜な言動で周囲から奇異の目で見られてきた少女クルミ。それに思いを寄せる内気で真面目なヒョロ男のナオ。さらにそのナオに思いを寄せるデレぬ、媚びぬ、顧みぬな断固たるツンデレのサンゴ。クルミがアッパーな不思議ちゃんであること以外はエヴァのパイロット3人の雰囲気にかなり似ていてその辺もまた個人的にはぐっとくる。

とにかくクルミのキャラが素晴らしい。ピュアと無邪気が麦わら帽子を被って歩いているような振る舞いの数々に、「~なのね」というマキバオーみたいな語尾と唐突に発せられる「シラネー」などの乱暴なカタカナ言葉。予測不可能な故に観る者は心を揺さぶる。超かわいい。『よつばと!』のよつばを見る感覚に近いと思うのだけど、作中では霊感を含めたそれらの言動から精神科に連れて行かれたりする。実際こういう人いたら確かにそうなるかもな、というところを捨てずにむしろメインテーマとして描いているのがまたいい。この動画は各話ごとに編集されて見やすくなっているが、その合間に入るプライベートシーンにこそこのゲームの真骨頂があるので是非「夕闇通り探検隊番外編」のタグも合わせてご覧いただきたいと思う。


最近は仕事もろくにせずにそんなことばっかりやっています。アイムヒア。


メンタルのあばば化

わたくしです。ツイッターというインターネットがなかなか多方面に向けて情報や情報でないものを発信することに長けていることを知ってしまい、ついついブログをやることを怠っています。ブログのインターネットのほうがアーカイブする能力に長けていることは重々承知しているのですが、人間というのは理屈だけで動く生き物にあらず。理屈を超えた感情がそこにはあるわけですね。人間にとって理屈に優先する第一義的な感情というのはもちろん愛です。つまり僕がブログを長らく更新しなかったというのは、それくらいこのブログを、もっと言えばこのブログを閲覧してくださっている皆さんの事を愛しているという事に他ならないのです。という訳で『梨の本』に続く2冊目の同人誌『愛の本』を製作することとなりました。

8月29日のコミティアに「れ-05a 宵待ち坂」というブースで出ます。今回も前回に引き続きくらっぺ先生の漫画と僕の小説の共著という形になります。前回は僕がプロットを作りそれをくらっぺ先生が漫画化するというコミカライズに近い形式をとりましたが、今回はあるお題でそれぞれが独自に物語を作りました。僕が一文字も書けていないという現状はさておき、くらっぺ先生の既に完成したネームは非常に心揺り動かす出来栄えとなっており、僕などは既に三日三晩涙を流し続けその涙はやがて雲となり遠く離れた国で水不足にあえぐ300万の人々を救ったと言います。あとU1の作った同人誌『U-Cafe』も販売しますよ。僕も小説で参加させてもらいました。是非遊びに来てください。

近況といたしましては、インターネットサイトのエキサイトレビューというところのライター陣に加えていただいたり、想い出をくれた友と草津旅行に行ってその後メンタルがあばば化したり、あばば化しながら小林大吾のCDを聴いて詩人になったりしていました。草津ではキャニオニングというアウトドアの遊びをしました。こいつは一体どういう遊びなのかと言うと、ウェットスーツみたいなのを一枚着ただけで滝から突き落とされたりロープに吊るされて崖から突き落とされたりするという処刑みたいな遊びです。「川で滑り台みたいなことをして遊ぼう」という誘いでホイホイついていった僕は到着して目の当たりにした光景に死を覚悟し、涙を堪えながら各所で突き落とされの受刑をこなしていったのですが、意外と楽しく生きて帰ってこれました。受刑中はあんなにも恋焦がれた現実も、帰ってきてしまえば虚しいばかりで、その反動から半ば暴力的な気持ちでなるべく現実と乖離した肩書きであるところの詩人を名乗るなどしてなんとかこころのバランスを取ったりしています。ツイッターで独善的なわけのわからない文言を書き殴るセラピーを開発したので、あばば症状にお悩みの皆さんは是非一度やってみることをおすすめします。何も解決しないことうけあいですよ。

人類史上7番目の筆不精である僕なため、なかなかブログコメントやツイッターの@にお返事出来ていませんが、全部ありがたく拝読しています。そんなありふれたお詫びとお礼を言ってしまうくらいに皆さんを愛していますよ。気持ちなんてのはめったに伝わらないものだと自覚していますけれども、たまには真っ直ぐな言葉も使わなきゃ何が変化球か自分でもわからなくなってしまいますからね。皆さんに明日も笑顔があるといいですね。僕にもね。わはは。あばば。


電子書籍を作ったよ

以前、コミティアと文学フリマに出した大漫画家くらっぺ大先生との共同制作本『梨の本』を電子書籍にしました。
http://p.booklog.jp/book/3129
↑のパブーというサイトで300円で買えます。支払いは現状まだクレジットカードに対応していないようで、おさいぽ!というおちんぽみたいな名前のサービスを経由して支払うようです。つまりまず、おさいぽに登録してクレジットカードやコンビニ振込みでおさいぽポイントをチャージ、しかる後パブーでお買い物というややこシステムになっておりますが、電子書籍版のささやかなおまけとして会場で数量限定発売したしおりに使用したくらっぺ先生オリジナル画像を追加しております。細部まで(くらっぺ先生が)こだわり抜いてよい本になりましたので、東京の販売会場になかなかお越しいただけないという方には是非ご購入いただければと思います。感想・ご意見・苦情・苦情などもお待ちしております。

最近は球蹴り飛ばし大会で我らがハポンの惜敗を目の当たりにし、「勝者がいれば敗者がおり、人はいつか一人残らず死ぬ」ということを学び深い絶望を感じて扁桃腺が腫れて寝込んだりしていました。あと地元に極めておいしい焼き鳥屋さんがあることを発見し、「おいしい焼き鳥を食べるとおいしい。あと人はいつか死ぬ」ということを学んだけど酔っ払って全部忘れたりしています。人は毎日一段ずつ階段を上っているようでいて建物そのものが地盤沈下でどんどん下に沈んでいっており、最上階についた頃立っているのは出発したところと同じ高さで、それでも最上階に上ったことを喜べるか喜べないかでその人の一生が幸せだったか不幸だったかが決まるのではないかなと思ったりしています。全て詭弁です。今日もなんとなく細胞が生まれたり死んだりしました。以下レス。

低燃費など



低燃費少女ハイジの最終回が公開されました。3~6話までの奇跡に比べるとお話をまとめる必要性などからちょっとパンチ力は弱いけれど、とってもいいシリーズだったと思います。ゴールデンエッグスのラリーとモニカも面白かったけど、河本さんの芸人的ギャグの持ち込みがこの独特な絵といいミスマッチになっていて笑えた。友近さんが変にボケずにキャラに徹していたのもよかったと思う。今後もなんらかの形でライフワークにしていって欲しい。

あと超絶今さらっすけど文学フリマに来てくれた人ありがとうございました。本が足りなくなっちゃってせっかく来てくれたのにポケットティッシュもあげられなかった人がいて申し訳なかったです。次はたくさんティッシュを用意していこうと思うので皆さん是非きてください。

最近は世界球蹴っとばし祭りをやってるので、一日中球蹴っとばしのことを考えていて他のことが何も手につかないです。サッカーだけに。もちろん夜は自分のボールを転がすなどして楽しんでいます。ハンドですけどね。こんな事が言いたいんじゃなかったけど、なんか自分に失望したのでやめます。

あとはプロ実況みたいなのもまだやってます。プリンスオブペルシャの収録時、僕は寝てると鼓膜が無くなる病にかかって2時間ぐらい遅刻しました。さすがのわたしも恐縮して苦手なアクションをものすごく頑張って収録を急ごうと腐心したのですが、終了後、撮影担当のてっけんさんに「もっと面白く死んだりしろよ、グズ野郎」と言って額にタバコの火を突きつけられたので僕は靴を舐めました。そろそろスクエニが「あ、こいつらダメだぞ」と気付くころだと思うのですが素知らぬ顔で最後までやり通そうと思うので球の蹴っとばしばかりで観たいテレビが無い人などはどうぞご覧ください。


明日(23日)の文学フリマに出るよなど

こんにちは、全然実況も上げないし日記も書かないならもう死んだら?でお馴染みのちんこです(昔のテキストサイト風書き出し)。この記事を書いている約12時間後、文学フリマに出ます。

文学フリマは5月23日(日)に京急鎌田駅近くの大田区産業プラザPiOというとこでやるようです。僕はU1と一緒に小説のフリをした意味の無い文字の羅列をプリントした紙束を100円もの高額で売りつけるという悪逆非道なことをします。ブースは「J-06 たろちん」です。コミティアでくらっぺ先生と共同作成した本も増刷したので主にそれを買いに来てください。そっちは300円という安さです。売り上げの299円はくらっぺ先生の新作作成資金に使い、1円は被災地の人のために募金します。アクセスなどの詳細は以下の文学フリマサイトをご高覧ください。
http://bunfree.net/

すっかり日記を書いていませんが最近どんなことをしていたかというと、GWにアラバキロックフェスに行ったり、ドラクエ9をやったり、扁桃腺が尋常じゃなく腫れて何も飲食出来なくなって痩せたり、治ってから反動でご飯を食べまくって太ったりしていました。最近気に入ってる音楽はSPECIAL OTHERSとTOMMY EMMANUELです。相対性理論の新譜は周囲の反応はそんなよくなかったけど、僕はハイファイ新書よりは大分好きな感じでした。

あとプロ実況のほうもちょこちょこやっています。「タイトルのセンスが無い」などと言われてしょんぼりしている編集担当のてっけんさんに励ましのお便りをお願いいたします。以下レス。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。